• ホーム
  • 法華宗(陣門流)とは
  • 法華宗の行事
  • 法華宗寺院
  • お問い合わせ

仏教質問箱布教誌『宝塔』に連載中の「仏教質問箱」より

お盆になると、お坊さんが棚経に来られますが、
どういう功徳があるのですか。

--

盂蘭盆経の中に「百官、万民、庶人、慈孝を行う者は、所生現在の父母、過去七代の父母のために、七月十五日仏歓喜日、僧自恣の日、百味の飲食をもって盆中に安んじて、十方僧に施し、現在の父母寿命百年無病にして、一切苦悩の憂いなく、乃至七世の父母も餓鬼の苦を離れ、人天の中に生じ、福楽無極ならしめんと願え」とあります。お盆には、お寺さまに棚経をあげていただき、そのお寺さまには、家族の者がご両親や先祖に仕える気持ちで、心からご供養申し上げたいものです。

 その功徳は、このお経に示されている通り、現在の父母を無病長命にし、同時に亡きご先祖をも救うと云う無量の功徳があります。

 「神は非礼を受け給わず」と云う戒めの言葉がありますが、形式も作法に叶わなければいけませんが、もっと大事なことは家族全体の真心であります。仏様の世界には真心だけが通じます。  

一覧に戻る


上へ戻る