• ホーム
  • 法華宗(陣門流)とは
  • 法華宗の行事
  • 法華宗寺院
  • お問い合わせ

日蓮大聖人のおことば 布教誌『宝塔』に連載中の「日蓮大聖人聖訓カレンダー解説」より

広宣流布の時は日本一同に南無妙法蓮華経と唱えん

解説:布施義高

広宣流布の時は日本一同に南無妙法蓮華経と唱えん

 「本門寿量品の肝心南無妙法蓮華経」の信心に生きること。それは、私達の心の奥底に等しく具わっている「本心」(仏性)に目覚めることを意味します。私達は、本仏が我々に投与して下さった「親ごころ(大慈悲)」のお題目をありがたく頂戴することによって、本仏の救いの光被を信得させていただくのであります。

 このご聖訓は、お題目の信仰が日本乃至世界中に広まり(広宣流布)、一人一人が本心に目覚めた暁に、塗炭の煩悩に満ちたこの現実世界が、本仏常住の安穏たる永遠の仏土(本国土・本時の娑婆世界)に蘇ることを教えられているのです。それは、本仏に合掌を捧げ、南無妙法蓮華経をお唱え申し上げた天下万民共有の心象風景であり、唱題を架け橋として真の平和が訪れた相貌に他なりません。

 大聖人は、「今」(末法)という時代にあって、日本こそが、本仏による真の救いの教を世界に発信する中心となることを教えられています。そして、その理想が達成される時、大聖人の教を正確無比に伝承する私達の法華宗、根本道場・総本山本成寺が永久に煌めく光彩を放つことになるのです。

「日蓮が法華経を信じ始めしは日本国には一渧一微塵のごとし。法華経を二人・三人・十人・百千万億人唱え伝うるほどならば、妙覚の須弥山ともなり、大涅槃の大海ともなるべし」(大聖人)

一覧に戻る

上へ戻る