• ホーム
  • 法華宗(陣門流)とは
  • 法華宗の行事
  • 法華宗寺院
  • お問い合わせ

日蓮大聖人のおことば 布教誌『宝塔』に連載中の「日蓮大聖人聖訓カレンダー解説」より

鷹に値へる雉、猫に値へる鼠を他人と思う事なかれ

出展:聖人御難事
解説:本山塔頭顕性院住職 西山英仁

 宗祖日蓮大聖人は末法のこの世の中に時機相応に御誕生され、その一生を法華経弘通に捧げられました。
 法華経には、この経を弘めるものは、必ずや諸の迫害を受けると説かれています。
 大聖人様はこの経文通り、大難、小難、数多くの迫害に値い、死線をさまようことが幾度かありましたが、それにくじけることなく、かえって法華経の行者の証であることに喜びを感ぜられ愈々信心を深めました。どんなに苦しくとも、どんなに悲しくとも、お釈迦様のお使いとして、泰然自若、いかなる権力にも屈しない比類なき精神力と体力を、遺感なく発揮し、人々を教化して行きました。根底にあるものはお釈迦様に対しての無二の信心であります。その心構を標記の御言葉によって私共に示されております。
 私共はいつ何時、最悪の境遇に出会うともかぎりません。どんな立場におかれても、お題目を離さず堅い信心をもって対処していかなければなりません。堅い信心を持ち続けているならば、たとえ雉が鷹にあおうが、鼠が猫にあおうが、何物にも恐れず、獅子王のごとく、信心せよと、申されております。

一覧に戻る

上へ戻る