• ホーム
  • 法華宗(陣門流)とは
  • 法華宗の行事
  • 法華宗寺院

日蓮大聖人のおことば 布教誌『宝塔』に連載中の「日蓮大聖人聖訓カレンダー解説」より

信心の水すまば利生の月必ず応を垂れ守護し給うべし

出展:『四条金吾女房御書』聖寿五十歳(昭定四八四頁)

信心の水すまば利生の月必ず応を垂れ守護し給うべし

 大聖人をささえた有力な檀徒の一人である四条きん 。早くからの檀徒でとくに熱心な信奉者でした。その四条金吾の婦人が懐妊したとの報に接し、送られたお手紙の一節が今月のお言葉です。

 仏さまは、あなた方のような信心のあつい方には「しょうの月」(功徳)を授け、お守りくださいます。必ず安産でありますし、生まれてくる子も両親の身と心を継ぐ玉のような福子であります、という内容です。

 信心の水とは、人の心を水面に例えています。私たちの心の水面も、いつも澄んだ水が静かにこんこんと湧き出でていれば、そこに月を映すこともできます。しかし娑婆で暮らす私たちは、あらゆる煩悩にとらわれ、常に自分はどうかと気になることが多く、心の水面もさざ波が立ったり大きく荒れたり、時には水自体が濁にごることもあるでしょう。しかし荒れた水面も濁った水も正しい信心を持てば、やがて波も静まり泥も沈み、澄んだ水に戻って、月はまた姿を宿します。

 子孫が繁栄し、信仰が受け継がれることは我々一同が最も望むことです。この仏縁をのこしてくださったご先祖さまに感謝をし、そのともしを絶やさぬように励みたいものです。

一覧に戻る

上へ戻る