• ホーム
  • 法華宗(陣門流)とは
  • 法華宗の行事
  • 法華宗寺院

日蓮大聖人のおことば 布教誌『宝塔』に連載中の「日蓮大聖人聖訓カレンダー解説」より

行学の二道をはげみ候べし行学たえなば佛法はあるべからず

解説:学林教授・大久保  本修寺住職 田中 靖隆

行学の二道をはげみ候べし行学たえなば佛法はあるべからず

 文永十年(一二七三)佐渡の塚原からいちのさわに移られた大聖人が弟子最蓮房へ宛てた『諸法実相鈔』の結びの一節です。

 行と学の二つに励まなければ、悟りに近づくことはできない、と書いてあります。

 行とは仏法における「行動の修行」、体を使った実践的修行と考えます。例えば、お経を読むこと(読経)、掃除すること(浄行)、自分が勉強した仏の教えを他の人に話すこと(説法)などです。一方の学とは学問の修行を指します。

 この手紙をもらった最蓮房は、もともと天台宗の優秀な僧侶で、法華経の教えに精通したお弟子でした。だからこそ大聖人は頭でっかちではいけないよ、一つでも智識を得たのなら(学)、一人でも多くにその教えを説いて(行)差し上げなさいと諭され、「行と学」両輪あいまって初めて悟りに近づくのだよ、とお示しになりました。

 現代も知識へんちょうの世の中です。知識や教養は、家族やあるいは社会に出て、他の人の為にかすことができてこそのものではないでしょうか。知っていることと実践できることの差を実感すること、行の中からもたくさん学べることなど、現代の私たちにも教えてくださっています。

 法華宗の青年僧も、春から初夏にかけて総本山本成寺のがくりんで修行し、この行学の二道に励みます。

 行の面においては早朝からの朝勤、浄行、れんぎょう(お経の練習)、ほっしき作法。学の面では法華経の教義、天台学、大聖人の御書などを勉強します。学林を終えてようやくスタートラインに立つわけですが、行学修行の道は一生つづきます。

一覧に戻る

上へ戻る