• ホーム
  • 法華宗(陣門流)とは
  • 法華宗の行事
  • 法華宗寺院
  • お問い合わせ

日蓮大聖人のおことば 布教誌『宝塔』に連載中の「日蓮大聖人聖訓カレンダー解説」より

法華経は一切経の頂上の宝珠なり

解説:椿澤日壽

法華経は一切経の頂上の宝珠なり

 日蓮大聖人五十五歳、光日尼へ与えられた御書で、真言、禅、浄土門を破折した内容である。

 大聖人は諸宗の論師の説に惑わされることなく、天台大師が一切経を分類し、それぞれの経典の内容に優劣をつけられた原点に帰り、法華経こそ一切経の中で最高最上の宝の珠であるといわれた。この御書で特に強調されたことは、私共が本尊と仰ぐ仏さまは、一切経の中で法華経によって説き顕かされた「久遠実成の釈迦牟尼仏」であり、この仏様こそが現代地球上の我々を救済して下さる、最も縁の深い最高の仏さまであるということであった。

 だから、この久遠実成の釈迦牟尼仏を顕された教典である法華経こそが、我々にとって最高最上の受け持ち信仰しなければならない教典であるといわれたのである。

 この御書の中に「法華経は一代の一切経の中の王なるみのならず三世十方の一切の諸仏の所説の中の大王なり」ともいわれた。

 法華経の中にも「我が所説の諸経、しかもこの経の中において法華経最も第一なり」(法師品)等々数多くの同一の意味を持った文がある。

一覧に戻る

上へ戻る